ブラック対応 街金

linkbanar

ブラック対応の街金の存在

カードローン審査のことを調べていたときに、ブラック対応という文字を見かけたことはありませんか?
キャッシングは名前が取られているプロミスなどばかりではなく、街金とか中小消費者金融と呼ばれている金融業者が多く存在しています。
プロミスなどは大手消費者金融と呼ばれています。

 

街金とは?

街角金融とか、街金融と呼ばれている街金は、大手消費者金融より審査がゆるい金融会社です。
大小の違いばかりではなく、金利も高く、サラ金の雰囲気もありますが、インターネット申し込みができ、大手同様の審査で、その審査基準がゆるいことで、大手消費者金融で借りられない方でも小口融資なら対応してくれます。
金利も高めですが、どうしても今お金が必要、訳ありのブラックリストも利用ができます。

 

存在を知らない人は多い

街金の数は、大手消費者金融よりも多いです。
スポーツ新聞の広告などでもありますが、今はインターネットで簡単に検索ができます。
スポーツ新聞を読まない方も多く、ブラックリストでも借りれる金融業者というと怪しい会社と思われがちですが、街金のほとんどが金融庁からの登録番号がある健全な金融業者です。
ただ、ブラックリスト対応というのが怪しいですが、これは大手消費者金融で審査落ちしてしまう信用情報の方でも大丈夫という意味です。
現に、全てのブラックリストが借りれるのではなく、返済能力が高く、街金基準に合致することが必要です。

 

街金で借りれない人

無収入は審査落ちです。
収入がない申込者は、街金でも対応していません。
フリーローンの申込では大手消費者金融と同じ信用情報の確認と在籍確認が行われます。
また、収入も多重債務者などでは、街金返済が確実にできることが証明されることが必要です。
本人情報の中で、事故情報だけではなく、返済が難しいとされる方は断られることもあります。
専業主婦は配偶者貸付が受けられることもあり、柔軟審査になります。
収入があることが前提ですが、多重債務者で他社延滞中の申し込みに関しても、審査は通らないです。

 

多重債務者と債務整理者は要相談

多重債務者で大手消費者金融の審査落ちで、街金に行く方は多いです。
この時の条件としては、返済能力があり、総量規制範囲内であることです。
借入件数は多くて5件が限界です。
債務整理後2年が理想ですが、任意整理返済中の審査が受けられる街金もあります。
いずれも簡単な手続ではないのですが、審査に時間はかかりますが、最初から審査落ちはないといえるでしょう。

 

店頭窓口での審査と融資だけではない

最近街金は、店頭窓口だけではなく、インターネット申し込みができます。
独自審査も電話で対応してくれるので、来店不要が多いです。
ただし、地域密着型の街金では、申込者を限定している場合もあり、来店が強制になる街金もあります。
半世紀以上営業している老舗街金も多いです。

linkbanar

関連ページ

ブラックリスト、自営業者にお勧めの街金
街金というとピンと来ない方も、中小消費者金融化、中小キャッシング業者というとなんとなく雰囲気がつかめると思います。プロミスやアイフルのような大手消費者金融ではなく、地域密着や小規模の金融業者のですが、甘い審査が評判です
街金は中小消費者金融のこと 全国対応のところも多い
大手消費者金融の審査落ちの原因が個人信用情報機関の内容で事故情報である場合、何度も大手消費者金融に申し込みをすると申し込みブラックになってしまいます。そんな時は、中小キャッシング業者や街金にいきましょう。近くにない場合は、検索をしてみて下さい。全国対応の街金を見つけることができます。
大手消費者金融審査落ちは街金へ
街金は大手消費者金融の審査落ちの方でも借りれる消費者金融のことを言います。中小消費者金融とか、審査の甘い消費者金融ですが、知らないだけで近くに存在していることも多いです。