フリーローン 審査について

linkbanar

フリーローンの審査について

フリーローンやカードローンと呼ばれるサービスは、お金を用途を問わずに貸してもらえるため、生活費や急な出費で悩む人にとっては心強い味方です。一度申し込みをおこない、審査にさえ通れば専用のカードを発行してもらうことができ、その後はいつでも何度でも借入が可能です。無論、金利を忘れてはいけませんし、毎月の返済はおこなっていくこととなりますが、いつでも自分がお金を必要とするタイミングで融資を受けることができるわけです。こうした存在なので、今すぐに必要でなくても近い将来のためにフリーローンやカードローンを申し込んでおきたいものです。

 

しかし、このカードを持つ利用者になるためには誰であっても必ず審査があります。審査の際には間違いなく本人からの申し込みであるかなどの本人確認がおこなわれます。また、自宅や勤務先などの所在地や在籍確認などがおこなわれることもあります。これらの審査は返済をきちんとおこなってくれる人であるかどうかを調べるためですから、たとえ誰であっても必ず審査はあるのです。

 

そして、審査の結果、残念ながら落ちてしまうケースもあります。つまり、お金を借りられないわけです。ただし、審査に落ちた人がほかの業者や金融機関なども含めてお金を借りられないかといえば、そんなことはありません。なぜなら、審査の基準はそれぞれの金融機関や業者ごとに異なるからです。

 

端的に言えば審査の甘い業者と厳しい業者というものが存在しています。厳しい業者の場合、他社においてすでに借り入れがあれば審査を通してくれないこともありますが、一方の審査の甘い業者の場合には、他社で借り入れがあっても審査を通してくれるのです。もちろん、最終的には個別の事情によって異なるため、ケースバイケースとなりますが、このように審査の基準はそれぞれの業者によって異なりますので、いろいろな業者に目を向けるようにしましょう。さらに、どうしても審査に通りたい場合には審査の甘い業者を有効活用しましょう。

linkbanar

関連ページ

審査が甘いと言われる業者とは
必ず審査があり、通った場合に借り入れとなるのですが、中には審査が甘い業者があるのです。そちらのほうが物事がスムーズに進むので、メリットがあります。今現在、審査が甘いと言われているのはノンバンク系の金融業者です。申込みがあれば積極的な融資を行ってくれます。
審査が厳しいと言われる業者とは
審査が厳しいと言われる業者は、代表的なのは大手銀行や都市銀行が提供している、多目的ローンやフリーローンです。特目的を問わないローンについては、審査の面で厳しい判断がなされるのです。それも他の金融機関と比べてですので、やはりノンバンク系の機関を利用するのも手です。
審査の甘い業者の探し方のコツ
できることなら誰もが審査の甘い金融機関のお世話になりたいと願いものです。その探し方ですが、これは他の人々の口コミや評判などの情報を調べるのもひとつの方法です。人それぞれ職業や年収、属性などは違いますので、それらに近い判断を下したらそのまま融資申込みをしてみましょう。
他社で弾かれても再度の申し込みが可能
審査と言ってもそのレベルは金融機関や業者ごとにそれぞれ異なります。厳しい所もあれば、甘い所もあるので、申込み先を変えるのも一つの方法です。総量規制の問題が有り、サラ金への審査が通らなかったとしても、銀行では総量規制対象外なので、通るといったことも起こります。