街金 審査甘い

linkbanar

街金審査甘い


  1. どうしてもお金が必要なときにはどうしたらいい?
  2. お金を借りるときの審査ってどういったもの?
  3. ローンにもいろいろあるけどどのような融資を利用したらいい?
  4. 審査に通る自信のない人はどうしたらいい?
  5. どうしても融資が断られる!街金はどうなの?

linkbanar

どうしてもお金が必要なときにはどうしたらいい?

現在、クレジットカードの発行枚数から計算すると、成人一人に対して2枚から3枚のクレジットカードを保有しているそうです。当然クレジットカードを持っていない人も相当数いるはずですから、一人当たりのクレジットカードの保有枚数はもっと多そうです。そうなると、ちょっとしたお金が欲しいとなると多くの人はクレジットカードのキャッシングを利用するのではないでしょうか。翌月に一括で返済すれば金利もわずかでしょう。そうはいっても、クレジットカードのキャッシングの金利は決して低いものではありません。というよりもかなり高いといってもいいでしょう。15.0%〜18.0%ということですから、かなりの高金利です。もっともクレジットカードのキャッシング融資限度額は50万円程度となっているので、消費者金融会社の金利と同程度と考えていいでしょう。さらに一括返済の場合は年利計算の利息をさらに12分割しますから、かなり低い利息になりますが、それでも金利計算をするとそれなりの金額になることがわかります。
俗にブラックと言われる人でしたら、クレジットカードを持つことはできません。それまでクレジットカードを持っていたにしてもブラックとなった段階で金融業者からクレジットカードの利用停止を宣告されることになるのです。大手キャッシング業者は、個人信用情報機関に加盟していますから、個人の与信情報を金融業者の枠を越えて共有しているのです。ですから、与信情報に問題がある、過去に延滞した履歴があるといった人は、キャッシング業者からの借入ができないでしょう。だからといって、他のキャッシング業者に借入の申し込みをしても信用情報機関を通じて横でつながっていますから、融資を受けることはできません。これは、大手業者だけではなく、信用情報機関に加盟している全ての金融業者となります。
カードローンなら借りることができるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、それも先述したとおりカードローンもクレジットカードの金融業者も同じ個人信用情報機関に加盟しているのでアウトなのです。お金が必要なときはクレジットカードを利用するのが一番手軽でしょう。金利の高さが気になりますが、翌月返済だと、実質年率の高さも気にならないでしょう。それよりも目先のお金の用立てができるのがメリットです。金利はどのクレジットカードでも同じような数字になっているので、クレジットカードによってキャッシングの貸付利率に違いはありません。口コミなどを見てもクレジットカードの使い勝手の差は、ポイントの付与率などが多数を占めているのです。クレジットカードのキャッシングのデメリットとしては金利の高さと融資限度額が少ないことです。だからこそちょっとした少額のお金が必要なときに重宝するのですが、融資限度額内でいくらでも入出金ができるからと、融資限度額が常にゼロに近い状態は金利を毎月無駄に支払っているということになるので注意したほうがいいでしょう。できるだけ、クレジットカードの債務は早く精算しておいたほうがいいです。
クレジットカードのキャッシングをするくらいなら、全国に多数ある消費者金融会社から融資を受けるほうがいいです。申込者は消費者金融会社などからも審査を受けることとなります。大手消費者金融会社や中小消費者金融会社の多くというよりもほとんどになりますが、個人信用情報機関に加盟しています。与信情報の共有はもちろんですが、融資の申し込みをして審査にパスしなかったとう情報も共有しているのです。これはある期間、一説には半年経てばそういった審査NGの情報は消えるということですが、消えない期間は申し込みブラックとして他の融資の申し込みでも審査に通ることはできないとされているのです。あちこちに融資の申し込みをして審査が通らなかったということですから、同じような審査をしている消費者金融会社としては、その時点で審査NGとしているのです。
それでも、審査にパスする可能性があるとしたら、街金と呼ばれる消費者金融会社に融資の申し込みをするとよいでしょう。それはどうしてかというと、街金と呼ばれる消費者金融会社は小規模あるいは零細な消費者金融会社なのです。ですから印象情報機関に加盟している街金業者は少なく、審査も独自で行っている事が多いのです。そうなると、申込者の与信情報などは独自で審査するしかありません。信用情報機関に照会することができませんから、審査が緩いとされている街金でしたら、融資を受ける事も可能です。
仮にブラックだということがわかっても、現在の属性を重視している街金でしたら、審査にパスして融資を受けることができるでしょう。街金でしたら、融資の可能性があるのです。中小キャッシング業者と街金は区別されることが多いのですが、街金のほうが、より地域密着型の貸金業者ということができるでしょう。
もっとも、街金のほうが人気があるというわけではありません。どうしてかというと、街金のほうが金利がさらに高くなるからです。審査も緩いということでそれほどの高額融資は期待できないでしょう。数十万円高くても100万円というところではないでしょうか。ですから、高額融資を望む人には向いていないと言えるかもしれません。それでも、ここ一番というときに確実に融資を受けたいときは街金は大きな力となってくれることでしょう。

 

▲メニューに戻る

linkbanar

お金を借りるときの審査ってどういったもの?

融資の申し込みをする際には審査を受けることとなっています。よく言われるこの審査ですが、どういったものでしょうか。カードローンなどの融資の申し込みをするにはどのカードローンにしたらいいのか悩むと思います。実際には使い勝手の良さであるとか、インターネットの口コミなどで人気のあるカードローンを選ぶことが多いでしょう。そうなると銀行のカードローンが真っ先に選択肢に入ってくると思います。そうなると銀行の場合は審査が厳しいのでは?となるのです。実際に金融機関や貸金業者の中では銀行が一番審査が厳しいとされています。この審査に重要な位置づけとなっているのが個人信用情報機関なのです。
金融機関や大手消費者金融会社、そして中小キャッシング業者などは、返済不能になりそうな人に融資はしたくありません。訴訟沙汰にして強制的に資金回収をする手段もあるのですが、それにも労力が必要ですし経費もかかります。ですから、確実に返済してくれる人を選ぶ必要があるのです。それは、金融機関や貸金業者などの独自の審査では限界があります。金融機関さらには貸金業者間の横のつながりも必要でしょう。そうなると重要性を増してくるのが信用情報機関なのです。ここには金融機関はもとより、消費者金融会社の多くが加盟しています。さらに信用情報機関は3団体あるので、全てに加盟している金融機関などもあります。
この信用情報機関にはどのような情報が納められているのかというと、その信用情報機関に加盟している金融機関、貸金業者に融資してもらっている個人の情報が納められているのです。主に与信情報となりますが、どこの金融機関からいくらくらいの借入があり、返済はこのくらいと言った情報や、クレジットカードを利用した詳細な明細やその返済情報などが事細かに履歴情報として蓄積されているのです。
そうなると、良い情報だけではなく、悪い情報もしっかりと蓄積されています。例えば延滞情報などがその最たるものです。きちんと期日内に返済することが条件で融資を行っているのですから、延滞というのはかなり悪い情報と考えていいでしょう。カードローン融資の申し込みを受けた金融機関や貸金業者はそのような情報を重視して審査の可否を決めているのです。ですから、審査の可否というのは、申込者の評判といったもので審査をしているのではなく、全国対応している信用情報機関の情報を元に審査しているということですね。
金融機関はほとんど全て例外なく信用情報機関に加盟しています。さらに、大手消費者金融会社の3つある信用情報機関のいずれかに加盟しています。それは中小消費者金融会社も同様です。
ですから、ある程度人気のあるカードローンでしたら、それを取り扱っている金融機関、貸金業者は信用情報機関に加盟していると思って間違いないでしょう。ですから、自分の信用情報がどのような状態なのかをしっかりと把握しておくことが必要です。

 

▲メニューに戻る

linkbanar

ローンにもいろいろあるけどどのような融資を利用したらいい?

一番いけないのはクレジットカードのキャッシングを頼りにすることです。クレジットカードのキャッシングは予期せぬ突然の出費に対処するものです。ですから、利用する以前にすぐに返済できるかどうかを考えて利用するものと考えたほうがいいでしょう。クレジットカードのキャッシングは思いの外、金利が高く設定されています。翌月一括返済などのキャッシングであればそれほど、金利の高さも気にならないのですが、リボ払いなどをして常に返済という状況でしたら、一度利息をどのくらい払っているのか計算したほうがいいと思います。ですから、突然の出費でなおかつ少額のお金が必要さらにはすぐに返済できるときくらいしか、クレジットカードのキャッシングを考えないほうがいいでしょう。
銀行のフリーローンはどうでしょうか。フリーというくらいですからローンの目的は不問ということです。銀行の審査は厳しいという中にあってフリーローンはその中でも借りやすい、融資を受けやすいローンと言えます。自分の信用情報機関での与信情報に問題がないと思えば銀行からの借入れが一番であることは言うまでもありません。金利も低いですから、銀行をまず第一の選択肢と考えるべきでしょう。
次は消費者金融会社です。金利は銀行よりも高くなっていますが、元々個人向けの金融商品に定評がありましたし、使い勝手の良さもよく考えられています。金利の年率はどうしても高くなりますが、多少の事故歴があっても融資を受ける可能性は銀行よりも格段に高くなっているので、銀行からの融資は難しいと考えたらすぐに消費者金融会社のカードローンに申し込みをしたらいいでしょう。
消費者金融会社と並び称されているのが信販会社です。信販会社の多くは銀行系グループに吸収されていることが多いのですが、中小の信販会社は生き残っています。関東信販などは人気の信販会社ですから、チェックしておいてもいいでしょう。
融資の申し込み方法は各金融機関や貸金業者で違いがあるものではありません。また、クレジットカードの申し込みをしたことのある人でしたら、問題なく申し込みができるでしょう。審査に通るかどうか不安な人は、消費者金融会社のサイトでしたら、トップにカンタンに審査の有無のチェックをしてくれるところが多くなっています。自分に融資をしてもらえるのかどうかを客観的に判断するものですから、試しにチェックしてみるのもいいでしょう。
消費者金融会社では最短で即日融資が可能です。都市銀行でも即日融資を謳っているところがありますが、全ての条件を満たすということになるので、都市銀行などのメガバンクで即日融資を受ける事ができる人は相当属性の良い人と言えます。

 

▲メニューに戻る

linkbanar

審査に通る自信のない人はどうしたらいい?

銀行の審査はもとより、大手消費者金融会社の審査にもパスする自信がないというときはどうしたらいいのでしょうか。実際にこのような人は少なくありません。もっとも、心配するよりも実際に申し込んでみたらすんなりと融資を受けることができたという人も少なくないのです。ですから、ダメ元で申し込みをしてもいいでしょう。特にこれまで延滞をしたことがないという人で、普通の会社員でしたら大手消費者金融会社の融資を問題なく受けることができると思います。もっとも自信がなく、仮に審査に落ちた場合、その審査に落ちたという情報が信用情報機関で向こう6ヵ月は共有されることとなります。こうなると、融資の申し込みを受けた金融機関や貸金業者などが信用情報機関に照会すると、すぐに審査に落ちたという情報を入手することになります。そういった情報は金融機関も大手消費者金融会社も重視するのでその時点で審査をパスすることはできないでしょう。
そうなると、多少金利が高くなってもいいのでしたら、中小消費者金融会社のカードローンがいいでしょう。こちらも信用情報機関に加盟しているのですが、延滞があってもきちんと返済している状態でしたら、審査にパスする可能性が高いです。多少の事故情報は不問ということですね。もちろん自己破産などの場合はだめですが、そういうことが無ければ即日振り込みキャッシングを受けることができるでしょう。中小消費者金融会社では、公式サイトを運営していますから、大手と同じようにWEBからカンタンに申し込むことができます。ネットに完全対応しているところが心強いところと言ってもいいでしょう。それでも、さすがに任意整理や債務整理を受けているというブラック情報満載の人は審査に通ることは難しいと言えます。そういった情報は向こう5年、全銀協では10年は消えないとされていますから、金融機関や大手消費者金融会社の間ではブラック情報として認知されているのです。
インターネットでは、キャッシング業者ランキングサイトというものがあります。借りやすさの目安に覗いてみるのもよいでしょう。サイト運営者はすべてを網羅しているわけではなく、利用者が参加することでこのようなサイトが成り立っているのです。審査の状況や匿名を条件に審査や融資に関する赤裸々な情報が満載ですから、何か困ったときの手助けになることも多く掲載されていることでしょう。
自己破産者になってしまうと、どこからも借入をすることはできません。これは社会的制裁という意味でもある程度の期間が経つまではクレジットカードを作ることもできませんし、当然のことながらカードローンなどの融資を受けることもできないのです。また、消費者金融会社によっては優良業者とそうではない業者がいるので、利用者サイドからすると契約者になるまえにしっかりチェックすることが必要です。また、WEBキャッシングに対応しているところが多いので、借りる際にはとても便利となっています。

 

▲メニューに戻る

linkbanar

どうしても融資が断られる!街金はどうなの?

属性に自信のない人が最後に訪れるところが街金とされています。他社大手業者とは違って、インターネットにホームページも開設していないような貸金業者が多いのが街金の特徴です。但し金利は高いので返済プランをしっかりと考えて融資の申し込みをするようにしましょう。属性が悪いといっても人によって属性はそれぞれです。どの程度属性が悪くても街金で借りることができるのでしょうか。一つの目安として多重債務があります。多重債務者はあちこちから借金をしている人のことです。こういった人は返済に窮することが多く、借金の返済のために借金を繰り返している人が多いのです。そういった人に融資をする金融機関や大手消費者金融会社はありません。しかし、街金でしたら融資をしてくれることが多いのです。それは、街金が信用情報機関に加盟していないことが多く、そういった他社に債務があるという情報がありませんから、そういった情報を重視することなく、所在の確認などがはっきりしていること、連絡が取れることを条件に融資をしてくれるのです。
ですから、審査に関しては、融資基準がかなり甘いと考えていいでしょう。そういった街金はインターネットに情報がないことが多いですから、ちょっとした情報源を頼りに自分の足で探すしかないことが多いです。知名度は高くありませんから、インターネットの検索でひっかかることも少ないと言えるでしょう。街金業者は、大阪に多いとされているので、大阪の季節労働者などが集う街に行ってみるとそういった情報を得ることができるかもしれません。
街金業者は零細なところが多く口コミ評価などに書かれると、お金に困った人が殺到する場合があります。融資に限度があるというか、無い袖は振れなくなりますから、街金と言えども資金が枯渇して融資を受けることができないということにもなりかねないのです。借入については問題がなくても、街金自体に融資するお金がなくなるという皮肉な結果にもなりかねません。
金利が高く、中には貸金業協会に加盟していないところもありますし、利息制限法を遵守していないような街金もあります。さらに闇金まがいのところもあるかもしれませんので、融資の申し込みの際には細心の注意が必要でしょう。
それさえ気をつけたら、申し込みブラック状態の人でも、多重債務者でも融資を受けることは可能と言えます。中にはブラックの人で自己破産経験者も現在しっかりと働いているということで審査に通った人もいるようです。
ですから、どうしてもお金を借りたいということでしたら、最後の砦として街金はおおいに頼りになる存在ということですね。

 

▲メニューに戻る

linkbanar