信頼できる街金 借入れ 可能

linkbanar

信頼できる街金ではどれ位借入れが可能なのか

街金をご利用する際、気になるポイントといえば借入限度額ではないでしょうか。
大口融資を希望されていない方でも、どれ位融資が可能なのかは気になるものですよね。
信頼できる街金ではどれ位の借入れが可能なのか、詳しくご紹介していきます。

 

街金は消費者金融なので総量規制が適用

街金は中小の消費者金融の総称ですので、総量規制が該当します。
その為、年収の3分の1しか借入れは出来ません。
総量規制というのはその人の全てのキャッシングの金額を合計した物を指しますので、他社で既にキャッシングのご利用がある場合は、その金額を合算した金額の合計で年収の3分の1までという考え方となります。
年収300万円の方は、年収の3分の1は100万円となります。
全ての金融機関からのキャッシングの合計が100万円まで、キャッシングが可能という事となります。

 

借入金額の上限が高い街金でも上限金額までの融資は難しい

街金の借入金額の上限を確認してみると、少ない金額の街金もあれば多い街金もございます。
この場合、借入金額の上限が高い街金が魅力に思えますが、借入限度額の上限金額までの融資というのはほぼ不可能といえます。
それは、総量規制が影響するからです。

 

例えば、借入限度額が300万円の街金の場合、300万円のご利用限度額とする為には年収が900万円以上無ければいけません。
そのような高額所得の方は街金をご利用しませんので、街金をご利用されるほとんどの方がこのような高額の融資資金とはならないといえます。
街金をご利用される方の大半は年収200から400万円程度ですので、60〜130万円程度がご利用限度額となる場合が大半です。
その為、この程度のご利用限度額の街金で良いという判断となります。

 

審査が柔軟と言われている街金は借入れ限度額が少ない

審査が柔軟と言われている街金は、借入限度額が少ない傾向があります。
この理由は、審査を柔軟にして多くの方に融資を行う関係上、ご利用出来る限度額は少なく設定し金利を高くしてご利用して頂くという考えがあるからです。
審査が不安で甘めの街金をご利用したい場合は、多くても50万円程の限度額にしかならない場合があります。
審査が柔軟なゆえ仕方のない事ですので、我慢すべき事といえるでしょう。
借入限度額が高い街金は審査は柔軟ではありませんので、街金といえど難易度は高いといえます。

 

総量規制の対象外とうたっている街金は危険

街金は消費者金融ですので総量規制が該当するのですが、街金の中には総量規制に該当しないとうたっている街金もあるようです。
良心的な街金と思われるかもしれませんが、総量規制に関係なく貸し出しをする事は貸金業法の違反となります。
その為、貸金業法にのっとっている正規の業者でしたら、総量規制には該当しないとは絶対に言いません。
そのような街金は、街金ではなく闇金の可能性が高いといえます。
安易にご利用してしまうと後にとんでもない事が起きてしまう可能性が高いので、オススメ出来ません。
正規の街金は貸金業法にのっとった対応しかしませんので、総量規制の対象外とうたっている街金はご利用しないようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
街金のご利用限度額というのは、このようなポイントで抑えておくと良いでしょう。
決して多くない借入限度額となってしまう場合が大半ですが、審査は柔軟ですので銀行や大手消費者金融よりはご利用しやすい金融機関といえます。

 

linkbanar

関連ページ

信頼できる街金だけではない!悪徳業者も含まれているので注意
小規模で地元に根付いた消費者金融を街金といい、全国各地に多くお街金が存在しております。しかし、厄介なのは、中には非正規業者も含まれているという事実です。その数は少なくなく、想像以上に多く存在すると言われております。
街金はお金に困った時安心してご利用出来る信頼できる金融業者なのか
お金に困った時キャッシングを考える方も多いと思いますが、どんな金融業者が良いと思いますか。安心感で考えると銀行や大手消費者金融が良い感じがしますが、意外と頼りになるのが街金です。何故街金が信頼できる金融業者なのか、様々な角度から詳しく解説していきます。
カードローンの借入が出来ない時、街金は信頼してご利用出来るのか
銀行や大手消費者金融のカードローンは大変便利ですが、属性が良くなければ審査には通りません。一見誰でも審査に通るようにメディアで観ていると思いますが、意外と審査通過率は低く審査に通らない方の方が多いのが現状です。そのような銀行や大手消費者金融の審査に通らない方にオススメなのが、街金のご利用です。