街金 東京

linkbanar

街金 東京

  1. すぐにお金が必要なとき
  2. 消費者金融会社でお金を借りる
  3. 東京の街金
  4. 中小消費者金融会社と街金
  5. 東京の街金で借りる

 

linkbanar

 

すぐにお金が必要なとき

お金がすぐに必要なときってどうしてますか?少しのお金でよくてそれが自分の手持ち資金でなんとかならないのも悲しいものがありますが、3万円くらいまでなら、友人知人を頼るのが昔からの常套手段でしょう。昔からの友人だったら勝手知ったる仲ですから、友人が困っているのでしたらお金を貸してくれることでしょう。

 

それでもポケットマネーということでしたら、出しても3万円くらいが限度でしょう。これは自分が友人に貸す立場になって考えたらわかると思います。友人に気軽に貸せるお金の最大金額というのは3万円くらいが相場ですね。ということで、そのくらいのお金でしたら、無条件に友人知人に頼る様にしましょう。

 

また、借りるときは自分のほうから事前に借用書を用意しておくといいでしょう。普通は貸す側が借用書を作るものですが、友人知人となると借用書を用意しづらいものです。ですから、そういった場合は借りる側のほうで借用書を用意しておくのも一つのマナーなのです。

 

加えて、友人知人の場合は、お金を返済したときにさらにお礼として何か食事をおごるとか、包むといったものが一般的に行われます。しかし、これをすると、普通に消費者金融会社のカードローンなどで借りて、返済するときの返済利息のほうが少なくて済みます。そういった損得勘定を考えると、普通に消費者金融会社で借りたほうがお得ということになるでしょう。

 

3万円の1ヵ月の返済利息は500円にも届きません。それを考えると食事をおごるほうが高くつきますね。そして、それ以上のお金となると、友人知人にお金を借りるのは難しいでしょう。そのときは身内を頼るようにしましょう。それでも5万円とか10万円というお金でしたら、身内に頼るのはもっと高額のときにしたいと思うことでしょう。

 

ここは思案のしどころですが、銀行でしたら、最少融資金額が10万円からですから、5万円を貸し出すことはできません。しかし、10万円が利用限度額のカードローンの申し込みをして、発行されたローンカードを使って5万円のキャッシングをしたらいいということになります。

 

また友人知人に頼る事ができない場合もあるでしょう。勝手知ったる仲といっても、遠慮してしまってお金を借りることができない場合もあります。そういった場合は自分でお金を作るようにしましょう。まずは自宅にある不要品を買取り業者に買取ってもらうのです。不要品ですから一つ一つはそれほど大きな金額になりません。というよりも数百円とか数十円あるいは値段が付かないものもあるでしょう。それでも数出せば1万円くらいにはなるものです。

 

3万円必要なのですから、後2万円たりませんが、そこからさらにコミックなどもしも人気シリーズが全巻あればそれだけで数千円にもなるでしょう。愛着のあるコミックでも一度読めばそうそうもう一回読み返そうということもないはずです。ネットでデジタル化したコミックを見ることもできますから、コミックを思い切って手放すといった方法もあります。

 

そういった全巻シリーズが3つ4つあればそれだけで1万円に届くかもしれません。そういうときはできるだけ買取り業者も古本屋などから買取りしてもらうといいでしょう。できるだけコミックの価値のわかるところで買取りしてもらうのが鉄則です。

 

他には、生命保険に加入しているようでしたら、それが満期型の生命保険でしたら、契約者貸付けというのがあります。これは積み立ててきた保険を担保にするものです。積み立ててきた金額の何割かを借りることができるのです。担保が積み立てたお金ですから、審査もなくすぐに生命保険会社も貸付けしてくれます。かなり簡単にお金を借りることができるのですが、万一契約者貸付けで借りたお金が返済できなければ、生命保険の強制解約となるので気をつけてください。

 

また、お金が必要という期限が数日あるようでしたら、日払いのバイトをするという手もあります。それこそ自分の力でお金を稼ぐのですから、一番良い方法と言えるでしょう。ただし、日払いをしてくれるバイトとなるとガテン系のバイトしかありません。男性向けとなりますが、一晩働けば1万円にもなるでしょう。体力的にはきついですが、一晩がんばれば1万円は楽に獲得できると思います。

 

これを3日繰り返せば3万円以上は獲得できるので、少額のお金が必要なときはガテン系のアルバイトを探してみるのもいいでしょう。他にも調達方法はいろいろありますが、自分で最適な方法を普段から考えておいたほうがいいかもしれません。

 

そして、どうしても自分で調達できそうになければ、そのときは銀行や消費者金融会社のローンに頼ることになります。お金を借りるとしたら銀行と消費者金融会社でしたら、やはり銀行のほうがいいでしょう。理由としては金利が低いということです。同じ価値のあるお金ですから、どこで借りても価値は変わりません。そうなると金利が少しでも低いほうが返済利息が少なくて済むのです。

 

それと銀行のほうがいいのは世間体ですね。消費者金融会社は未だにサラ金というイメージが払拭できていませんから、消費者金融会社でお金を借りるとなると、お金に困っていると思われてしまうのです。もっとも消費者金融会社でお金を借りているということは、分かりにくいものですから、隠し通すことは可能です。

 

いずれにしても銀行からまずはお金を借りるように、銀行カードローンに融資の申し込みをするようにしましょう。もっとも、銀行カードローンの審査は厳しく誰でも気軽に借りることができるわけではありません。属性というお金を借りるための信用度とか返済能力を図る指標があるのですが、属性が高いと銀行からお金を借りやすくなりますし、属性が低いと銀行からお金が借りにくいのです。

 

一般的に正規雇用されている人は属性が高く、反対に非正規雇用の人、いわゆるパートアルバイト、派遣社員、契約社員の人は属性が低くなります。ですので、非正規雇用の人はお金が借りにくいと考えたほうがいいでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

linkbanar

 

消費者金融会社でお金を借りる

銀行でお金を借りることができなかった人、属性に不安があって銀行カードローンに融資の申し込みをすることをあきらめた人でしたら、次に頼りにするのは消費者金融会社のカードローンです。

 

それでも銀行カードローンの審査に落ちた人でしたら、すぐに消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしないほうがいいです。審査に落ちたという情報が、信用情報機関に記録されていて、その情報が共有されているのです。ですから、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしたときに、消費者金融会社は信用情報機関に申込者の信用情報を照会します。そのときに銀行カードローンの審査に落ちたことがわかるのです。

 

審査基準はともかく、審査の内容はどこも変わりませんから、審査に落ちたということはなにか信用情報に問題があったということで、消費者金融会社としてもそれ以上の審査をせずにその時点で審査打ち切りとするのです。審査はNGということですね。これを申し込みブラックと呼んでいます。

 

審査に落ちたという情報は向こう6ヵ月は信用情報機関に記録されています。ということは、6ヵ月は待たないと新たなカードローンの申し込みはできないということです。ですから、いたずらに申し込みブラックにひっかかりまくっていたら、いつまで経っても審査に通らないということになります。むしろ借金癖があるということで、その方面で審査にひっかかってしまうでしょう。

 

いずれにしても消費者金融会社の審査基準は緩いといっても、無職の人は審査に通りません。収入がないのですから当然なのですが、一方で専業主婦でしたら、世帯収入で審査に通りカードローンを利用することができるのです。

 

審査に通るか通らないかは申し込みをしてみないとわからないのですが、属性に不安のある人は大手消費者金融会社の相談窓口に行って、仮審査を行ってもらうといいでしょう。それは仮に落ちたとしても、信用情報機関に記録されるわけではありません。まずはそういったところで確認するようにしたらいいでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

linkbanar

 

東京の街金

首都東京ですから、多くの人が集まります。少子化や人口減が叫ばれている中でも、東京や首都圏だけは人口が増え続けているということで、人が集まるところは当然の如くお金も良く動きます。そうなると、お金の貸借りも活発に行われるようになるのです。ということで、東京は消費者金融会社の数も多く、当然ですが、日本で一番消費者金融会社の数が多いといってもいいでしょう。

 

消費者金融会社というとアコムやプロミス、レイクにアイフルといった大手消費者金融会社が有名ですが、そういった大手消費者金融会社は消費者金融会社が全国に2,000社近くあるといわれている中で、大手消費者金融会社は数社程度ですから、他のほとんどが中小消費者金融会社と、さらに小規模な街金と呼ばれる消費者金融会社なのです。東京は下町を中心に街金の数が多いことでも知られています。

 

▲メニューに戻る

 

linkbanar

 

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のウエイトが高いのですが、その大手消費者金融会社のカードローンの審査は消費者金融会社の中では厳しいものとなっています。ですから、属性に不安のある人、債務件数が多い人、さらには返済に対して延滞を繰り返している人などでしたら、延滞がもっとも審査に対しては厳しいものとなります。したがって、中小消費者金融会社でも、信用情報機関に照会して審査している所でしたら審査に通ることはないでしょう。

 

中小消費者金融会社の中でも独自審査をしている消費者金融会社や街金などでしたら、信用情報機関に照会しないので、過去の信用情報は不問ということで、現在働いているかどうかが重要になるので、電話による在籍確認と収入証明書の提出で審査に通ることができるのです。

 

▲メニューに戻る

 

linkbanar

 

東京の街金で借りる

消費者金融会社の中でも街金は審査が緩いです。ですから、東京の街金はお金が必要な人にとって最後の防波堤と言えます。ネットの口コミによっては、東京の街金でブラックでも借りることができたという投稿を見る事があります。これは独自審査をしている街金ですから、審査基準にかなえばブラックの人でもお金を借りることができるようです。

 

しかし、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので注意しましょう。また、街金の場合は少額融資が基本です。多くても10万円が最高融資額となります。これには理由があって、消費者金融会社の総量規制の問題があるのです。年収の3分の1間でしか借りることができないのですが、10万円程度でしたら、総量規制をそれほど気にすることなく、いわば誤差の範囲で借りることができるというわけですね。

 

▲メニューに戻る

街金 東京記事一覧

東京でお金が借りやすいと言われている街金アイシーローン

キャッシングに困ったからと言ってつい闇金を検討してしまう流れとなってしまう事もあるかもしれません。もしもそんな時はお近く又は全国対応の街金を利用してみましょう。東京で地域密着型の街金を探しているような方であればアイシーローンでしたらオススメ出来る業者だったりします。アイシーローンは1981年に設立さ...

≫続きを読む

東京の街金で豆とも言われている個性的な金融ビーンズ

キャッシング申し込みをされる方の中には何も大口融資ばかりを希望している人ばかりじゃなかったりするかもしれません。そんな人は中小の消費者金融で小口融資が出来れば納得する人もいる事でしょう。東京の足立区に実は小口融資専門の中小消費者金融ビーンズという街金があったりします。融資額は5万円から50万円まで対...

≫続きを読む

東京の街金の最終兵器はキャッシングエイワ

東京にはさすがに大都会だけあって数多くの街金業者が並んでいたりします。これだけ沢山の街金業者に囲まれていればもはやキャッシングで困る事もないのではないでしょうか?それでもブラックだったり多重債務といった方ではお金が借りられなかったりする業者も多々ある事かもしれません。東京の街金で複数当たってみたがキ...

≫続きを読む

関東エリアでお金を借りる個人業者の小さい会社アレックスの実態

関東エリアの街金の中でも中小金融よりまだまだ小さい会社も眠っていたりするみたいです。割と真っ当にお金を貸してくれる業者というだけあって利用しないのは勿体無い事だと思います。中小消費者金融のキャッシングでも難しい場合最悪の最悪個人業者に申し込んでみたら融資が受けられる事があるかもしれません。特に個人業...

≫続きを読む

東京の街金は多数あり下手な申し込みも数多く当てればお金が借りられる?

東京で大手のキャッシングでだめだからと中小貸金業者を探される人は割と東京の街金が多い事に気付かれる事だと思います。これだけ街金があれば闇金なんて利用しないで大丈夫かなって思いました。多重債務で返済に追われている人やブラックで現時点の生活が苦しいと思われるような方であっても東京を舞台にすれば無鉄砲に中...

≫続きを読む

linkbanar